保育士として働いてきて…このままでいいのか。

わたしは現在、30歳になる女性です。わたしはこれまで10年間以上、保育士として働いてきています。保育士の仕事はただ子どもたちと遊んでいればいい…そんな風なら思われていることも多いのですが、決してそうではなく、大切なお子様の命をお預かりするお仕事で、子どもたちに身の回りのことを自分でできるようにする、生きる力をつけたり、子どもの日々の成長を見守るとても大切なお仕事です。また子どもたちのことだけでなく、いろいろな保護者の方々の相談や悩みなどを聞き、それに対してのアドバイスなどをすることも課せられています。そんな保育の仕事ですが、もちろんやりがいも感じますし、わたし自身、幼いころから夢に描いていた仕事だったので、大好きなお仕事ではあります。しかし、今世間を騒がせているように、待機児童問題、保育士不足、保育士の低賃金…など、求められる仕事は多いのに、保育士1人に課せられる責任や仕事量が多すぎて、正直なところ、パンクしそうなのが現状です。わたしも長年、保育の仕事をしてはきていますが、毎日のサービス残業に、毎日、山積みの自宅へ持ち帰る仕事…土日も引きこもっての、次の週の保育計画や、保育の準備などに追われていて、全くプライベートな時間はありません。それに加え、何年働いても給料は上がらず、今でも毎月のお給料は手取り14万円わかっています。働いても自由になるお金は全くないし、先々のことを考えると、転職したほうがいいのかと思う日々です。

初めて見つけた、おいしいお蕎麦屋さん

今日の午前中は、銀行に行く用事があって外出をしました。
普段使っている銀行3件で用事を済ませると、ちょうどお昼時。そこで、近くにあったおそばやさんに入ってみました。

店内はそれほど混んでおらず、天ざるそばを注文したところ、わずか5分ほどで運ばれてきたんです。
初めて入った店だったんですが、おいしくてびっくり!
てんぷらはさくさくしているし、ボリュームも満点。
いかげそ、かぼちゃ、なす、大葉、ピーマンがきれいに盛り付けられていました。
そして、お蕎麦も、コシがあって、とても歯ごたえがよく、最高でした。

混んでいなかったのは、時間帯の問題だったようで、私が注文した後、続々とお客様が入ってきました。
人気のある店なのかもしれません。

もともと蕎麦が大好きなのですが、小さなお店だったことから、今まで存在に気づいていなかったようです。
とっても大満足でした。
満腹になるほどのボリュームなのに、なんと800円で、お値段も最高です。

お蕎麦って、おいしいだけでなく、体にも良いと聞いています。
栄養価が高いから、滋養強壮効果があるのだそうです。
昔は「ヘルシー」という印象だったのですが、「滋養強壮効果」があると聞いて、驚いた記憶があります。
さっぱりしていて季節を問わず食べられるうえに滋養強壮効果があるのは魅力的ですよね。

平日の昼だったため、今日はひとりで来ましたが、これはぜひ家族にも食べさせたい味です!
日を改めて、家族全員で来てみたいと思っています。

子育てと仕事と長期の休みで悩みます

小学校に通っている2人の子供を育てています。子供は上の子が5年生、下の子が1年生。私は専業主婦なのですが、子供も手がかからなくなったことで少しずつ仕事をしてみたいなという気持ちが芽生えてきました。先日、下の子供が「お母さんはなんで仕事してないの?」と聞いてきました。私が答える前に上の子供が「お母さんは家の用事をするのが仕事」と説明していました。それで私が「お母さんが仕事をしたら夏休みとか冬休みに二人で留守番できる?」と言うと下の子供が「嫌だ」と言いました。炎症性色素沈着/日焼けやレーザー治療後の戻りジミ
そう、子育てが落ち着いて日中は時間があるので仕事に行こうと思えば行けるのです。けれど、夏休みなどの長期の休みになると子供たちの預け場所がなく行き詰ってしまっているのです。確かに学童保育はありますが、4月の時点で申し込まないと原則途中での利用は無理です。また、近くに両親がいると厳しいとも聞きます。民間でも預かりサービスというものはありますがそちらも時給などを考えると決してすぐに利用できる金額ではありません。
近くに両親はいるのですが、父親は現役で仕事をしていますし、母親は持病があり頼れない状況なのです。世の中は子育てをしている人も女性も社会復帰するべきという風潮です。それでも昔のように子供だけで留守番をさせるようなご時世ではありませんので私が社会復帰するのも大分先かなと感じています。少しでも社会と関わっていきたいと思うのに関われないジレンマを感じています。

冬休みが終わって今日から三学期

今日から子供達は学校に幼稚園にが
始まって急に慌ただしくなりました。
私自身が朝が苦手なので起きれるかが
心配でしたが無事に起きれました。
今まで子供達から起こされる事も多々
ありましたが今日は私の方が早くて
子供達は寝てました。といっても仕事に
行っている旦那が電話で起こしてくれた
のですが。かなり助かりますね。
子供達も起きるまでは少し時間がかかり
ましたが特にぐずらずに準備をしてくれた
ので助かりました。寒いので布団から出たく
ないのは大人も子供も同じですね。
今日は学校も幼稚園も昼までなので少しの
間ですが自分の時間ができて幸せでした。
子供達を送り出した後は布団を干してから
掃除機をかけました。冬休みの間は子供達も
いましたし、自分自身もだらけていたので
なかなか出来ていなかったので終わったあとは
スッキリして気持ちがよかったです。
疲れて汗もかきましたが達成感がありました。
旦那は不定休なのであまり気にならないですが
子供達が始業式で今日から頑張っていると思うと
私も頑張らないといけないと思いますね。
私の力の源はやっぱり子供達なので。
子供達が帰ってくるとまた散らかされて
いますが仕方がないですね。私も基本的に
掃除や片付けが得意ではないので私譲り
かなと思うとなんとも言えないです。
明日からは小学校も幼稚園も通常通りに
午後まであるのでまた片付けを頑張ろう
かなと思います。一人だと自分のペースで
出来るのでいいですね。小学校や幼稚園に
感謝です。

台湾の企業で、女性トップの割合が増えたという記事を読んで思うこと。

最近のニュース記事ですが、台湾での企業のトップの割合が2015年末の時点で36%に上り過去最高を記録したということです。
まだまだ全体的には男性トップの割合が多いものの、宿泊やサービス業で目だって女性トップの割合が増えてきているようです。
理由としては特にサービス業などでは、女性の細やかな心配りがお客さんに受けるから、ということが挙げられていましたが、納得できるものでした。
何度か訪れたことのある台湾ですが、あちらでは日本に比べて専業主婦というものが圧倒的に少なく、結婚後の女性も当たり前に働き続けキャリアアップを重ねていく人が少なくないようです。
翻って日本では、「一億総活躍」「女性が輝ける社会へ」などと言葉だけは美しいキャッチコピーが聞かれ、実際に女性の社会進出、いったん退職した女性の社会復帰も進められているようですが、ネット上では「女性の負担が増えるばかり」「家事も仕事も育児も介護も、すべて女性がやれと言わんばかり」という冷ややかな声も聞こえてきます。
実際に家事や育児、仕事をこなして疲れ果て、とてもキャリアアップや自分の人生の充実を望める状況にない、という女性の声も多く聞かれます。
私も女性ですが、男性が相変わらず会社に縛られるような働き方を強いられている現在、育児や介護などに実際に労力を提供できるのは女性だけ、という声には共感できるものがあります。
男性は仕事に打ち込むべし、という昔からの価値観が変わったわけではない(個々人はともかく、社会的な変化はない)のに、女性にばかり活躍を求めるのは無理があるのではないかと思うのです。
家事や育児は女性の仕事という世間の圧力はまだまだ大きく、あまりに自然にいろいろな年代の人に受け入れられています。
男性の過重労働がずっと前から問題になっていますが、女性が活躍することを求められている現在、仕事以外にも家庭での労働が尽きない女性の過重労働も同じように問題です。
いっそオランダのように男性も女性もパートタイムとしてうまく仕事と家庭で活躍するような社会になれば、ゆとりが生まれ、自分のキャリアや将来の目標なども考えられる余裕が生まれるのではないでしょうか。
今の日本ではあまり現実的ではない話かもしれませんが、男性の負担が減れば女性の負担も減り、結果双方がうまく活躍できる社会が来るのにな、と思いました。

4人の子供達と私のバタバタな毎日。

私には4人の子供がいます。
年齢は長女6歳、次女5歳、長男2歳、三女1歳です。

私達はアメリカ在住で、
以前は長女は小学1年、次女はプリスクール (幼稚園に入る前の学校でアルファベットや数字を習うことができる)に行き、
下の2人は私が家で世話をしていました。

しかし夫の仕事の都合で、
違う州に引っ越し、
義務教育ではない次女はプリスクールの待機児童となったので長女だけが学校に行き、
他の3人は家で私が見ている状態です。

夫は2ヶ月間他の州に出張中なので、
私1人で4人の子供の世話をしなければいけない状態です。

朝5時45分に起床し、子供達が寝ているうちに風呂に入ります。
6時半前に長女を起こし、学校へ行く準備をし朝ご飯を食べさせます。
7時過ぎ、他の3人を起こし、
長女をバス停まで送らないといけないので服を着せたり朝ご飯を食べさせたり等の準備をし、
8時頃バス停まで送っていきます。

帰宅後、皿洗いや洗濯掃除を済ませ、
一緒に3人の子供とボール遊びや追いかけっこ。
なかなか思うように行きませんね(笑)。

ボールの取り合いになったり叩き合い、
いつも喧嘩する3人です(笑)。

その後、お昼ごはんの準備をします。
ランチは簡単に作ります。チャーハンや味噌汁、サンドイッチとフルーツ等です。

だけどうちのチビ達はインスタントラーメンが1番好きなようです。
栄誉のバランスよく作ったチャーハンやカレーにしても、ジャンクフードが1番美味しいみたいです(笑)。
母ちゃん、ジャンクフードに負けまくりです(笑)。

午後1時頃三女を寝かしつけ、長男も寝かせようとするもなかなか寝てくれず。
とりあえず、またオモチャで散らかった家を片付けます。でもまた5分で散らかりますが(笑)。

午後3時過ぎ三女を起こし、
眠くて愚図る長男を励ましながら3人を連れて長女をバス停まで迎えに行きます。

またこのバスは来る時間が曖昧なんですよね(涙)。
なので大体バスが来る時間より10分早く迎えに行きます。

帰宅した後は、おやつを食べさせて、
長女の宿題を手伝います。内容は学校から持ち帰った本読と算数です。
例えば、55、75、30を番号が小さい順に並べなさい。等の問題です。

算数の苦手な私にもなかなか難しいです(笑)。

勉強させた後は、それぞれ好きに遊ばせ、その間私は晩御飯を1時間くらいで作ります。
すると午後5時頃長男は昼寝してしまいます。この時間に寝るの?!なんて私は思いながら1時間くらい寝かせます。

夫が平日はいないので、和食が主な食事です。焼きそばや野菜炒め、親子丼、味噌汁をよく作ります。
子供達は和食好きてカツオ風味が好きなようで、よく食べてくれて有り難いです。

でもやっぱりジャンクフードが大好きですが(笑)。

食事の後は皿洗い、食べこぼした床掃除。
その後は、風呂に入れ、
1時間くらいみんなでテレビを見て9時半に眠ります。

子供の世話ってなかなか体力入ります。
毎日ゼーゼーしながら子供の相手してます(笑)。

独身のときは、仕事に行き、終わった後は好きなことをするという
自由が当たり前だったけど、
子供を持つことは命の責任を持つことなんだなと実感しました。

自分にお金は殆どかけられないし、夫が持ってきた給料は子供の食費、服代で消えてなくなります(泣)。

苦労ばかりですが、可愛い我が子に囲まれて暮らすのは幸せです。
子供の成長が見れるのが1番の子供からのお返しだと思いました。できなかったことができるようになることが本当親孝行です。

これからも子供達の為に母は頑張ります。

ぜひ、また来てもらいたいですね。

結婚してもうすぐ三年になりますが、この前初めて私の両親が我が家(アパート)にきました。
別に凄く遠くに住んでいるわけでもないのですが、車で二時間くらいかかるところだし、昨年まで祖母の介護に追われていたのでなかなか長い時間家を空けられないという理由で、来たくても来られなかったようです。
もういい大人ですが、両親が来るまでワクワクしてしまいました(笑)。
きちんとやっているところを見せたかったので、いつも以上に念入りに掃除をし、お菓子を入れるお皿やコーヒーカップもオシャレなものを用意しました。
近くまで来たら母から電話をもらうという約束をし、私は部屋で待ちました。
初めて来るところとはいえ、トラック運転手をしている父はいつも近くを通っているらしいし、車にはナビもついているので迷うことはないだろうと思いながらも、近くの大きな建物やアパートの色などわかりやすいように前もって説明しておきました。
そして母からの電話。「今○○薬局の前だけど…この後どっちに曲がればいいの?」と明らかに違った道を走っている様子なのです。
私はとりあえず電話を片手に外に出て、口頭で詳しく道案内しました。すると父の運転する車が見えたので「これでやっとたどり着いてくれるな」と思ったのですが、なんと逆方向に曲がっていったのです。私のほうからは車が見えていても、父も母も私の姿に気付いてないのです(笑)。「逆だよ!こっち!」と私も自然に声が大きくなります(笑)。
そして、Uターンしてもらってやっと我が家へ到着。どうやらナビも使わずに来たようなのです(汗)。
気を取り直し、両親を部屋へ招きました。我が家は新しいアパートで日当たりもいいので、「きれいだし暖かいし良いね」と喜んでいました。
準備していたお菓子やコーヒーを出し、少しゆっくりしてもらいました。
来るまでハラハラさせられましたが、念願の両親を招くことができて嬉しかったです。

毎日悩む人が多い、ご飯の支度について

毎日のご飯の支度は本当に悩みますよね。何を作れば栄養バランスの良い食事かを考えて作ると本当に悩みます。
また、今ある食材で、何日まで持たせる予定なのかも考えると、作るものもだいたい決まってきてしまって、難しいです。
わたしもご飯を作るときにはとても悩んでしまい、なかなか決まらないことが多いです。
ある食材で、何かの料理を作ることになり、選ぶのも難しいし、組み合わせも難しくなりますよね。
毎日何を作ったら良いのかリクエストしてくれたらそれを作りますという感じなのですが、食べる人になんでも良いと言われる時があり、その答えが返ってくると本当に悩みます。
毎日これを作るという献立があればわたしはできるような気がします。
毎日のメニューを考えるのが苦手なので、献立にそったレシピなら毎日悩まずに作れると思います。
食材もお肉、野菜などある程度のものを揃えておくことで、料理もできます。

栄養バランスを考えて料理する事ってなかなか難しいですよね。
魚が足りてなかったり、肉が足りてなかったり、それにやって子供の成長も変わってくると思うとバランスよう料理をきっちり作りたいと私は思ってしまいます。
今のわたしは今日何作ろうかなぁと毎日のように言っています。
悩む毎日ですがなんとか料理を考えてご飯を出せているような感じです。
前もって自分で1週間の献立を立てて、それに沿って毎日行うようにすれば一度献立を作るときに悩むだけで済むのかもしれません。
わたしはこれから1週間の献立を立てて料理に取り組みたいと思います。