この冬に買った古着について振り返ってみる

年末年始はほとんどお金をつかいませんでした。
こんなことは珍しいです。というのも、洋服が好きなので初売りセールには毎年のように行ってショッピングを楽しんでいましたから。
でも、今年は眼鏡を新調したいな…という考えもあり、出費をおさえたいという気持ちになっていました。
あとは、それほど欲しいアイテムがなかった…ということもあります。あえていえば、ニットが欲しいのですが、ニットを持っていないわけでもないですし、そうこうしているうちに二月になってニットの出番が減るかもしれないと思うと、買わないでもいいかなと思いつつあります。
そのかわり、この冬は近所の古着屋さんではちょこちょこといろんなものを買ってしまいました。
なんせすごく安いので毎日のようにお店をのぞいたこともあったぐらいです。
新品みたいなGUのグレーのチェスターコートも買いました。これはかなり活躍してくれて助かっています。
あとは花柄のロングプリーツスカート、ニットタイトスカート、少し薄手だけれどお洒落なグレーの冬コート、ウールのチェック柄のプリーツスカート、グレーのロングブーツ、チェーンのファーバッグ、ニット帽など、いろいろ買いました。
ただ、失敗したものもあって、それはまとめて古着屋に売っちゃいました。
たとえば半袖ニットです。良いブランドのもので状態も良かったのですが、いざ着るとなると、冬に半袖はやはりキツイですね。着ないです。あと、厚手のハイネックのウールニットなども売りました。これは定番の形だからいいかな…と思ったのですが、やっぱり着なさそうだと思い、処分することにしました。
古着屋さんはとにかく安いので、なんでも買ってしまいやすいのですが、着ないものは買ってもしょうがないので、冷静に今年は選んでいきたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)