台湾の企業で、女性トップの割合が増えたという記事を読んで思うこと。

最近のニュース記事ですが、台湾での企業のトップの割合が2015年末の時点で36%に上り過去最高を記録したということです。
まだまだ全体的には男性トップの割合が多いものの、宿泊やサービス業で目だって女性トップの割合が増えてきているようです。
理由としては特にサービス業などでは、女性の細やかな心配りがお客さんに受けるから、ということが挙げられていましたが、納得できるものでした。
何度か訪れたことのある台湾ですが、あちらでは日本に比べて専業主婦というものが圧倒的に少なく、結婚後の女性も当たり前に働き続けキャリアアップを重ねていく人が少なくないようです。
翻って日本では、「一億総活躍」「女性が輝ける社会へ」などと言葉だけは美しいキャッチコピーが聞かれ、実際に女性の社会進出、いったん退職した女性の社会復帰も進められているようですが、ネット上では「女性の負担が増えるばかり」「家事も仕事も育児も介護も、すべて女性がやれと言わんばかり」という冷ややかな声も聞こえてきます。
実際に家事や育児、仕事をこなして疲れ果て、とてもキャリアアップや自分の人生の充実を望める状況にない、という女性の声も多く聞かれます。
私も女性ですが、男性が相変わらず会社に縛られるような働き方を強いられている現在、育児や介護などに実際に労力を提供できるのは女性だけ、という声には共感できるものがあります。
男性は仕事に打ち込むべし、という昔からの価値観が変わったわけではない(個々人はともかく、社会的な変化はない)のに、女性にばかり活躍を求めるのは無理があるのではないかと思うのです。
家事や育児は女性の仕事という世間の圧力はまだまだ大きく、あまりに自然にいろいろな年代の人に受け入れられています。
男性の過重労働がずっと前から問題になっていますが、女性が活躍することを求められている現在、仕事以外にも家庭での労働が尽きない女性の過重労働も同じように問題です。
いっそオランダのように男性も女性もパートタイムとしてうまく仕事と家庭で活躍するような社会になれば、ゆとりが生まれ、自分のキャリアや将来の目標なども考えられる余裕が生まれるのではないでしょうか。
今の日本ではあまり現実的ではない話かもしれませんが、男性の負担が減れば女性の負担も減り、結果双方がうまく活躍できる社会が来るのにな、と思いました。

4人の子供達と私のバタバタな毎日。

私には4人の子供がいます。
年齢は長女6歳、次女5歳、長男2歳、三女1歳です。

私達はアメリカ在住で、
以前は長女は小学1年、次女はプリスクール (幼稚園に入る前の学校でアルファベットや数字を習うことができる)に行き、
下の2人は私が家で世話をしていました。

しかし夫の仕事の都合で、
違う州に引っ越し、
義務教育ではない次女はプリスクールの待機児童となったので長女だけが学校に行き、
他の3人は家で私が見ている状態です。

夫は2ヶ月間他の州に出張中なので、
私1人で4人の子供の世話をしなければいけない状態です。

朝5時45分に起床し、子供達が寝ているうちに風呂に入ります。
6時半前に長女を起こし、学校へ行く準備をし朝ご飯を食べさせます。
7時過ぎ、他の3人を起こし、
長女をバス停まで送らないといけないので服を着せたり朝ご飯を食べさせたり等の準備をし、
8時頃バス停まで送っていきます。

帰宅後、皿洗いや洗濯掃除を済ませ、
一緒に3人の子供とボール遊びや追いかけっこ。
なかなか思うように行きませんね(笑)。

ボールの取り合いになったり叩き合い、
いつも喧嘩する3人です(笑)。

その後、お昼ごはんの準備をします。
ランチは簡単に作ります。チャーハンや味噌汁、サンドイッチとフルーツ等です。

だけどうちのチビ達はインスタントラーメンが1番好きなようです。
栄誉のバランスよく作ったチャーハンやカレーにしても、ジャンクフードが1番美味しいみたいです(笑)。
母ちゃん、ジャンクフードに負けまくりです(笑)。

午後1時頃三女を寝かしつけ、長男も寝かせようとするもなかなか寝てくれず。
とりあえず、またオモチャで散らかった家を片付けます。でもまた5分で散らかりますが(笑)。

午後3時過ぎ三女を起こし、
眠くて愚図る長男を励ましながら3人を連れて長女をバス停まで迎えに行きます。

またこのバスは来る時間が曖昧なんですよね(涙)。
なので大体バスが来る時間より10分早く迎えに行きます。

帰宅した後は、おやつを食べさせて、
長女の宿題を手伝います。内容は学校から持ち帰った本読と算数です。
例えば、55、75、30を番号が小さい順に並べなさい。等の問題です。

算数の苦手な私にもなかなか難しいです(笑)。

勉強させた後は、それぞれ好きに遊ばせ、その間私は晩御飯を1時間くらいで作ります。
すると午後5時頃長男は昼寝してしまいます。この時間に寝るの?!なんて私は思いながら1時間くらい寝かせます。

夫が平日はいないので、和食が主な食事です。焼きそばや野菜炒め、親子丼、味噌汁をよく作ります。
子供達は和食好きてカツオ風味が好きなようで、よく食べてくれて有り難いです。

でもやっぱりジャンクフードが大好きですが(笑)。

食事の後は皿洗い、食べこぼした床掃除。
その後は、風呂に入れ、
1時間くらいみんなでテレビを見て9時半に眠ります。

子供の世話ってなかなか体力入ります。
毎日ゼーゼーしながら子供の相手してます(笑)。

独身のときは、仕事に行き、終わった後は好きなことをするという
自由が当たり前だったけど、
子供を持つことは命の責任を持つことなんだなと実感しました。

自分にお金は殆どかけられないし、夫が持ってきた給料は子供の食費、服代で消えてなくなります(泣)。

苦労ばかりですが、可愛い我が子に囲まれて暮らすのは幸せです。
子供の成長が見れるのが1番の子供からのお返しだと思いました。できなかったことができるようになることが本当親孝行です。

これからも子供達の為に母は頑張ります。